結婚式で和装を着たい!和装着物を選ぶ際のポイント

桃子
和装の結婚式の衣装は、着物になると思いますが何種類あるのでしょうか?
編集長 クラ
和装の結婚式は着物を着ます。新婦の正礼装は大きく分けて3つです。新郎は1種類しかありません。着物の種類について説明しますね。

最近は、和装婚が人気のため和装スタイルで結婚式を挙げる方、披露宴のお色直しに和装着物を着る方、結婚式の前に前撮りで和装の着物で写真撮影をするカップルが急増しています。なかなかきちんと着物を着る機会はないので、結婚式というお祝いの席に日本人ならではの演出方法をしてみてはいかがでしょうか?

和装着物の正礼装の種類は3つ

和装着物で結婚式をする際の正礼装には、女性が白無垢、色打掛、振袖があります。それぞれの特徴や歴史、意味合いを含めてご紹介いたします。

白無垢

打掛から掛下まですべて白色の和装着物です。結婚式ということで和装ウエディングドレスになりますが、ウエディングドレスと意味合いは同じです。ウエディングドレスは「純白で悪を払う」や「あなた色に染まります」という意味がありますが、白無垢にも「結婚する相手の家風に染まる」という意味合いがあるそうです。

白無垢を着た際の髪型は、文金高島田のかつらをつけるのが一般的です。結婚式の挙式時には、綿帽子、角隠しを身に着けます。昔は綿帽子を外出時の防塵、防寒用として使用していたようです。角隠しは、お寺参りの際に使用されていました。

色打掛

結婚式の挙式、披露宴共に着ることができます。赤、青、紫など華やかな色使いで、お祝いのおめでたい文様を施したものが多いです。神殿式の結婚式をする方であれば挙式に白無垢を着て、披露宴に色打掛を着るという方が定番のようです。

色打掛を着た際の髪型は、角隠しを身に着けたり、きっちりとまとめるのもでもいいのですが最近は、シニヨンヘアと言ったゆるふわな感じでアップをされる方が多いようです。その他、お団子や編み込み、夜会巻きなど新婦さんの輪郭や色打掛に合った髪型が理想です。

髪飾りは、生花、造花、和細工(つまみ細工)、水引などをつけます。

振袖

未婚女性の慶事用礼装です。振袖の着物が着られるのは結婚式で最後となります。また、白無垢や色打掛よりも簡単に着ることができるため披露宴、家族のみの会食、1.5次会などで人気のようです。婚礼で振袖を着る場合は、和装用の小物である懐剣、筥迫(はこせこ)や末広、帯などを利用して豪華さを表現しましょう。

成人式の時に来た着物を使用してもいいでしょうし、お母さんやおばあちゃんが持っている着物を借りて着てもいいと思います。結婚式で、古いものを借りてくると幸せになるというSOMETHING OLDというアメリカの風習もあります。

結婚式で来た着物をリメイクして、お子さまが生まれた時のお宮参りや七五三のお参りでまた着物を着るのも思い出になるでしょう。

引き振袖

江戸時代以降、武家の婚礼衣装として使われていました。裾をひきずって着る振袖のため「お引きずり」とも呼ばれていました。明治・大正時代に黒地のきものが主流となり現在も黒地の着物を選ぶ方もいらっしゃいますが、赤やピンクなどの引き振袖もあります。結婚式の挙式、披露宴ともに使用可能です。

男性の正礼装の種類は1つ

男性の和装着物の正礼装は、黒五つ紋付き羽織袴(くろいつつもんつきはおりはかま)のみです。家紋が着いた羽織を着るのが通常ですが最近は家紋シールなどを貼って対応するようです。この機会にご自身の家紋を調べてみるのも楽しいかもしれません。紋付き袴は、結婚式だけでなく結納、葬儀、式典といった冠婚葬祭の際にも着ることができます。

略礼装の色紋付き袴

色紋付き袴は、略礼装でありどちらかというと結婚式の披露宴のお色直しや結婚式の2次会などカジュアルな場所で着る着物です。

和装着物を選ぶ際の重要なポイントは格を合わせること

新婦の和装着物は種類が豊富で好きなタイプやデザインなど選びたくなりますが、着物というのは格を合わせて着るのが重要です。どちらか一方の着物のランクだけが高いということのないように和装着物選びは気をつけましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

編集長 クラ

30代既婚のクラです。趣味は海で散歩をすることと恋愛や不倫ドラマが大好きです。ブライダルフェアは10ヶ所以上行き、思い出に残る結婚式になりましたが、反省点もありました。この経験を生かして、これから結婚式をする人にとって有意義な情報を提供できるようなサイトを作っています。