パパママ婚とは?人気上昇中の費用を抑えた結婚式がトレンド

桃子
パパママ婚は、授かり婚とは違うのですか?
編集長 クラ
パパママ婚と授かり婚は違います。最近は子供ができてから結婚式を挙げる人も増えてきているようです。ブライダルフェアに参加すると特典もあるみたいなのでその辺りも含めて説明します。

パパママ婚の結婚式とは

授かり婚は妊娠が分かり、出産する前に結婚式を行うことですが、パパママ婚の場合は子どもが産まれたあと行う結婚式のことです。パパとママになってから結婚式を行うのでパパママ婚といいます。「ファミリーウエディング」や「子連れ婚」ともいいます。

授かり婚のブライダルフェアで確認すべきポイント!ドレス、シューズ、式場、安定期、日程など

2017.07.10

パパママ婚では費用を抑えた結婚式が人気

子供ひとりを大学まで行かせると1,000万円かかる

子ども1人を大学まで行かせると学費だけで1,000万円はかかると言われており、子どもができると結婚式を挙げることを考える人は少ないと思う人もいるかもしれません。ですが、最近は式の形やプランも選べるようになり、ぐっと安く結婚式を挙げることが可能になりました。おかげでそれぞれの家族に合った費用で、思い出に残る結婚式をすることができます。

ウエディングドレスを着たい!写真だけでも撮りたい!

  • パパママになったからこそ夫婦の絆を深めたい
  • 区切りとして、記念として、式を挙げたい
  • 子どもと一緒に家族写真を撮りたい

このようにパパママ婚に興味を持つ人が増えてきています。

それでもやはり子どものことを考えると費用が気になるところ。それでは今回は、式の費用や子どもと一緒に式を挙げるときの不安要素も考えながら、パパママ婚のブライダルフェア情報をご紹介していきます。

費用を抑えて挙式のみで短時間結婚式

短時間で子供の負担を減らす

生まれてすぐの赤ちゃんと一緒の結婚式を考えた場合、泣いてしまったり、おむつ交換や授乳をしなければならない心配があります。赤ちゃんでなくてもまだ小さい子どもなら長い式の途中、飽きて歩き回ってしまったりすることもあります。それではお母さんは結婚式に集中できなくなってしまいます。ブライダルフェアに参加する際にもゆっくり話を聞くことが難しいでしょう。

10万円程度と費用も抑えられる

親族と親しい友人を誘っての挙式だけなら、必要以上に気を遣うこともなく、時間も短いので子どもへの心配もなくなります。また、たくさんの人を呼んで盛大に式を挙げようとすれば予算もかかりますが、挙式のみなら費用も10万円とリーズナブルなものもあります。チャペルを見学できるブライダルフェアもたくさんあるので行ってみましょう。

パパママ婚で挙式のみが可能な開催地のブライダルフェア

  • ホテルラングウッド
  • 京王プラザホテル
  • ラグーナヴェール青山

アットホームなレストランウエディングのパパママ婚

レストランならアットホームな雰囲気で子供も安心

レストランでのパパママ婚なら、感謝やアットホームをテーマにしたウエディングを演出できます。

レストランのすぐ横にお庭などがあるレストランなら退屈した子供の逃げ場所になってくれる場合も。パパママ、そして子供に窮屈な思いをさせないアットホームな雰囲気が魅力です。

費用は人数や食事によりますが、30万円が目安です。

パパママ婚のお食事ウエディングが可能な式場

  • ガーブプンティー
  • ラ・カーザ・ニキ
  • 丸の内HIBIKI

保育士の資格を持ったスタッフがいるレストラン

子どもをあやすのは、子どもに慣れている人が1番。自分の母親や夫の義母にお願いすることもひとつですが、集中して結婚式に参加して欲しい場合は、保育士の資格所持のスタッフがいるレストランでのウエディングなら安心ではありませんか?レストランウエディングのブライダルフェアに参加すると子どもにおもちゃやお子さまランチの特典が受けられるレストランもあります。

記念として写真に収めたい!フォトウエディングパパママ婚

子どももいるし、結婚式の準備をする時間がない!

結婚式や披露宴には、打ち合わせや準備もあるので時間も取られます。子育てと両立しながら準備しなければならないので、式が終わるまではてんてこ舞い。忙しくて準備の時間なんてないから式は無理…と諦める人もいるかもしれません。

フォトウエディングなら準備いらず

そんなあなたにはフォトウエディングがおすすめです。「式は挙げられないけど、かけがえのない今この瞬間を写真に収めておきたい!」というパパママにぴったりのウエディングです。大きな写真館なら衣装や部屋も豊富で、子どもをあやすのに慣れているカメラマンもいるので安心です。出張カメラマンに依頼して景色の良い思い出の場所で撮影することも可能です。

費用は5万円が目安です。出張カメラマンに依頼する場合は、衣装代や出張費などが追加費用がかかる場合もあるので少し高くなってしまうかもしれません。

フォトウエディングを行いたい方は、写真館のブライダルフェア、相談会も行われているので足を運んでみてはいかがでしょうか。

パパママ婚でフォトウエディングが可能な写真館

  • 薬師スタジオ(町田)
  • SWITCH(表参道/横浜/町田/奈良/札幌)
  • ワタナベウエディング(東京/新宿/目黒/名古屋/仙台/新潟/京都)

子どもが一緒のパパママ婚だからこそ必須なサービス

披露宴会場にベビーベッドや子ども用のイスがあるのは当たり前の時代。パパママ婚でも安心して式ができるようなサービスがたくさんあります。

パパママ婚で注目のサービス例

  • レストランウエディングのブライダルフェアに行くと子どもがおもちゃをもらえる・お子さまランチの特典が受けられる
  • 子どもが主役になれるプログラムの式が組める
  • 式の間、保育士資格を持ったスタッフに見ていてもらえる

ブライダルフェアでの相談会などでも直接、子どもがいる場合はどのようなサービスを受けられるのか聞いておきましょう。

子連れでブライダルフェア参加はOK!パパママキッズ婚限定のブライダルフェアが登場

2018.02.09