結婚式で非常識な服装・行動は恥ずかしい!マナー違反に気をつけて!

桃子
先日、友人の結婚式に参加したら露出しすぎなドレスを着て列席している人がいて目のやり場に困りました…
編集長 クラ
意外と知られていない結婚式での常識ってあるんですよね。非常識な服装や行動、発言は周囲の人も気分が害されるので注意しなければいけませんよね。

結婚式で非常識な服装

結婚式での非常識な服装で多いのは女性の方です。

お洒落をしたいからといって常識外れの服装で結婚式に参加するのはやめましょう。

花嫁より目立つドレス

一般的には、結婚式での主役は新郎新婦です。新郎はタキシードを着るので男性のゲストが目立つということはありません。

一方、新婦は白のウエディングドレスとお色直しをする人でカラードレスの2着を着ることになります。

女性のゲストは、新婦のドレスの色と被るドレスを着てくるのは非常識とされてしまいます。カラードレスで被ってしまうのはしょうがありませんが、白色のウエディングドレスと同様の白色のドレスを着ていくのは非常識なのでやめましょう。

女性のヒールの靴音

女性のゲストの服装は、ドレスとヒールのある靴が一般的ですが気をつけるべきなのがヒールの靴音です。

意外とヒールの靴音はカツカツと響き、披露宴中など会場が賑やかであれば聞こえないとは思いますが会場が静かになっている時や挙式会場から披露宴会場に移動する際などは歩き方に気をつけましょう。

女性のロングブーツ

冬の結婚式では、寒いのでついついブーツを履いていきたくなってしまいますがロングブーツでもショートブーツでも結婚式での服装としては非常識です。

結婚式場までロングブーツで行ってもいいとは思いますが、結婚式場に着いたらパンプスなどに履き替えましょう。ロングブーツは、クロークで預ければ問題ありません。

結婚式で非常識な行動

結婚式や結婚式二次会中に途中退席するのはとても失礼な行動です。

しかし、家庭の事情や仕事の都合など、やむを得ない事情がある場合はあります。非常識と思われないためにきちんと挨拶をしてから退席しましょう。

また、退席するタイミングは目立たない歓談中などを見計らって行いましょう。

当日ドタキャン

当日急に結婚式に参加できなくなって連絡もせずに欠席するのは非常識です。

必ず電話なりメールなりで事情を説明し後日、改めて直接謝罪しましょう。

急な事情で途中退席

急な事情や体調不良で途中退席をしなければならなくなったときには、新郎新婦に伝えるのは難しいので結婚式場のスタッフに相談しつつ、新郎新婦のご両親と隣の席の人にひと言挨拶をしてから退席しましょう。

子連れ

子どもを連れて結婚式に呼べれることもあります。

「子どもだからしょうがないよね」で済まされるレベルであれば、周囲にいる大人も理解してくれますがあまりにも騒がしすぎたり、子どもが走り回ったりしているのに注意しないのは非常識です。

お祝いの席で大きな声をあげて叱るのも非常識なので、タイミングをみて会場の外に出ましょう。

赤ちゃんの場合、結婚式の最中にお腹が空いて泣いてしまうことも考えられます。

普段からどこでも授乳しているお母さんにとっては日常茶飯事でも、結婚式真っただ中に自分の席で授乳をするのは非常識です。

必ず授乳室または会場のスタッフに確認してから授乳するようにしましょう。

また、披露宴でテーブルに着席したらすぐに周囲の方に「子どもが一緒なのでご迷惑おかけしたらすみません」のひと言は必ず伝えておきましょう。

ご祝儀の包み方や金額

ご祝儀は、結婚式をする新郎新婦に対するお祝いの気持ちです。

一般的には、友人3万円、親戚5万円などと言われていますが気持ちなので必ずその金額を包む必要はありませんがご祝儀を忘れたりご祝儀袋に入れずに受付をするのは非常識です。

また、ご祝儀袋に新札を入れたり、お札の向き、包み方や折り方があります。

間違えるととんでもない事態にもなりかねませんので気をつけましょう。

引出物を会場に忘れる

新郎新婦はゲストに感謝を伝えるために何ヶ月も前から結婚式の準備をしています。

引出物や引菓子も新郎新婦がゲストのために選んだ大事な贈り物です。

そんな引出物や引菓子を会場に忘れて帰る非常識な人がいます。

のちのち会場に取りに来たり、新郎新婦から渡されては恥ずかしいので必ず忘れずに持ち帰りましょう。

非常識な招待状の返信

結婚式の招待状を簡略化しメールやLINEなどで行われることもあるようですが、きちんと封書で送られてくるのが常識です。

封書で送られてきた招待状の返信は、必ず期限内に返信用ハガキで返事をしましょう。封書で送られてきたにも関わらずメールやLINEで返事をするのは非常識です。

結婚式で非常識な発言

結婚式で友人代表としてスピーチを頼まれたり、会社の代表として乾杯や祝辞を述べたり、新婦(娘)・新郎(息子)の親として子どもの友人に感謝の気持ちを伝えることもあるでしょう。

そんなときの発言で非常識!と思われてないようにコミュニケーションを取る必要があります。

友人代表として過去の恋愛話は非常識

友人代表として過去の恋愛エピソードを話したり、「結婚しちゃうなんて人生終わったな…」など言うのは非常識です。

上司として結婚の失敗談・離婚話は非常識

乾杯・祝辞を述べる際に、結婚の失敗談、離婚話を話すのは非常識です。

娘の友人に余計なお節介発言は非常識

新婦(娘)の母が子どもの友人に「子どもはまだなの?」「次は〇〇ちゃんの番ね!」などの発言も非常識なので控えましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

編集長 クラ

30代既婚のクラです。趣味は海で散歩をすることと恋愛や不倫ドラマが大好きです。ブライダルフェアは10ヶ所以上行き、思い出に残る結婚式になりましたが、反省点もありました。この経験を生かして、これから結婚式をする人にとって有意義な情報を提供できるようなサイトを作っています。