ブライダルフェアに参加するメリット・デメリット

桃子
ブライダルフェアに参加するデメリットってありますか?いいことしか思い浮かばないのであれば教えてください。
編集長 クラ
結婚式場のブライダルフェアに参加するメリットやデメリットは人それぞれです。
誰と一緒に行くのが自分にとっていいのか、相談会のみでも問題ないのかパターン毎のメリット・デメリットをご紹介します。

ブライダルフェアは式場をくまなく知ることができる

デート感覚で色々な体験ができるブライダルフェアは、結婚を少しでも意識したカップルが参加できる結婚式場が開催しているイベントです。

結婚式を挙げようと決めたら必ず1度は参加することをおすすめします。

  • 会場の下見ができる
  • その式場での結婚式の雰囲気を味わうことができる
  • 会場で出てくる料理の試食ができる
  • 会場で取り扱っているドレスの試着ができる
  • 披露宴会場、装花、演出方法を下見できる
  • ブライダルフェア参加特典を受けることができる(来館特典・成約特典)
  • 結婚準備の流れや予算が把握できる

ブライダルフェアで感じるデメリット

ブライダルフェアに参加した方が感じるデメリットは以下の通りです。忙しい新郎新婦にとってはデメリットと感じてしまうようです。

日時の制約がある、予定が合わせられない

ブライダルフェアは、土日、平日の夜に開催していることが多く、生活リズムや生活スタイルが違うカップルなら一緒に行くことが難しいです。

もちろん、新郎新婦2人で参加必須ではないのでひとりで行くこともできますし、友人や親と参加しても問題ありません。

しかし、2人の結婚式なので新郎新婦の日程を合わせて参加したいのが本音です。

長時間拘束

模擬挙式、模擬披露宴、試食会、試着会などイベントが盛りだくさんのため最短でも2時間かかるブライダルフェアです。

時間がない、遠距離、新郎が長期出張などのカップルなら1日に何件も周りたいという人もいるでしょう。1件の式場で長時間縛られてしまうことはデメリットです。また、新婦に強引に連れてこられた男性にとってはデメリットのなにものでもないでしょう。

契約してしまう

お気に入りの会場や初めてのブライダルフェアに参加した際に、気分が高揚し他会場比較していないのに、契約をしてしまう方がいます。

1度契約してしまうとキャンセル料がかかりますので、冷静な気持ちで話を聞きましょう。

期待外れ

ネットや口コミで高評価だったため期待して行ったのに、想像と違ったということはあると思います。もちろん、結果的にはそのような場所で結婚式を挙げなくてよかったということになりますがその時は、時間の無駄になってしまうのでデメリットと感じてしまうかもしれません。

ブライダルフェアで必要な持ち物とは?【一覧チェックシート付】

2017.07.14

ブライダルフェアとは?結婚式を「体験」できる魅力たくさんのイベント

2017.07.13

女友だちを連れて行くメリット・デメリット

既婚者の女友だちは目が肥えている

<メリット>

女友だちと参加するのであれば、結婚式を挙げたことのある既婚者の子や結婚式の有無に関わらずブライダルフェア経験者と一緒に行くといいです。その子たちは、目が肥えていますので、厳しい視点で会場をジャッジしてくれます。経験者ならでは意見を聞くことができます。

批判する女友達は避けて

<デメリット>

女友だちと一緒に参加する際には、大人数で行くのは避けましょう。他の方は、新郎新婦のカップルで来ている人が多い中、複数女性のみでは相応しくありません。

女性同士は、ひがみや妬みを感じる場合があります。心の底からあなたの結婚を祝福してくれる友だちであれば問題ありませんが、少しでもひがみや妬みの感情を出してきた女友だちは控えましょう。

すごくいい会場でも批判ばかりされてしまう可能性があります。

母親同伴のメリット・デメリット

気楽に過ごせる母親同伴

<メリット>

家族ならではの意見を聞くことができます。他人では言えない親子ならではの本音を聞けるので気楽にブライダルフェアを過ごせるのが1番のメリットです。

最近の結婚式場では、親御様向けの相談会が開催されているぐらい、娘、息子の結婚式に親としてできることは何か?と不安になるご両親が多いようです。そのため、結婚式場も事前にご両親も同伴で参加するブライダルフェアを開いているようです。

冷静な判断ができなくなる母親は避ける

<デメリット>

1番気楽にブライダルフェアに参加できる母親との参加ですが、気を遣わない関係だからこそイライラしてしまい、冷静な判断ができなくなることもあります。また、新郎側の義母と一緒に行くと気を遣いすぎて自分の意見が言えなくなり、2人の結婚式なのにお義母さんに決められてしまった・・・なんてことがないようにしましょう。

家族とブライダルフェアへ!一緒に行くなら母親とがおすすめ?気をつけたいポイントは?

2017.07.12

子連れのメリット・デメリット

事前確認ができる子ども同伴のメリット

<メリット>

結婚式場もパパママ婚、ファミリー婚向けのブライダルフェアを開催しているぐらいなので赤ちゃん連れで参加する人もいます。

赤ちゃん連れで参加した会場では、赤ちゃん用のベッドや授乳室の有無、スタッフの対応を見ることができます。ゲストでも赤ちゃんや小さなお子様と一緒に結婚式に参加する方もいますので、事前に確認できるのはメリットです。

周囲の目を気にしてしまうなら相談会へ

<デメリット>

赤ちゃんは大人の想像を超えた行動をとります。そのため、模擬挙式のような神聖な場所で泣いてしまったり、相談会でプランナーさんと真剣な話をしているときも目が離せません。また周囲の目を気にしてしまうこともあるので、人が少ない平日のブライダルフェアや相談会のみに参加するなど対応が必要になることもあります。

パパママ婚とは?人気上昇中の費用を抑えた結婚式がトレンド

2017.07.10

結婚式場の下見や相談会のメリット・デメリット

ブライダルフェアの他にも結婚式場を見学する方法はあります。結婚式場の下見や相談会です。ブライダルフェアと比較した場合のメリット・デメリットは以下の通りです。

時短で特別感満載

相談会の最大のメリットは、短時間で済むことです。ブライダルフェアのような体験はできませんがプランナーさんに詳細を確認することができます。そのため、質問事項をまとめておけば最短で60分で終えられることもできます。

自分たちが気になる披露宴会場や教会などを見るだけと選択可能なため、ブライダルフェアのような集団で行動する必要がありません。

集団行動が苦手な方や長時間拘束されるのが嫌という男性にとってブライダルフェア参加はデメリットそのものです。ブライダルフェアは新婦だけで、相談会は新郎新婦揃ってと使い分ければメリットに変わります。

準備・確認不足が原因でキャンセルする可能性もあり

会場下見や相談会のみでは、結婚式場のすべてを理解したとは言えません。そのため、自分では納得した上で契約したつもりでも契約後、後悔することがでてきてしまうこともあるようです。

試食会付のブライダルフェアに参加していれば会場の料理の味を確認できたのに、相談会のみだと味も知らないまま結婚式当日を迎えることになってしまうかもしれません。

ブライダルフェアと結婚式場の下見や相談会を上手に使い分けて、自分たちにマッチする結婚式場を見つけてください。

ABOUTこの記事をかいた人

編集長 クラ

30代既婚のクラです。趣味は海で散歩をすることと恋愛や不倫ドラマが大好きです。ブライダルフェアは10ヶ所以上行き、思い出に残る結婚式になりましたが、反省点もありました。この経験を生かして、これから結婚式をする人にとって有意義な情報を提供できるようなサイトを作っています。