ブライダルフェアに行く前の準備! パートナーと結婚式のイメージを共有しておこう

桃子
ブライダルフェアに行く前に準備しておくといいことはありますか?
編集長 クラ
自分達らしい結婚式への近道は、2人である程度プランを決めておくことです。

ブライダルフェアに行く前にイメージを共有しておこう

いざブライダルフェアに参加しても全く知識のないまま参加すると比較することができずに、受け身の参加になってしまいます。全て把握していなくても大丈夫ですが、どのような項目があるか事前に知っておくことで有意義な時間を使うことができます。

式場のタイプ

式場はホテル、専門式場、ゲストハウス、レストランなどたくさんあります。まずは、どんな式場で結婚式を挙げたいかをパートナーと事前に話し合うとその後の流れがスムーズです。

パートナーと事前に話し合う際に、参列して欲しいゲストのことを考えて会場のエリア、アクセスしやすいかも検討材料のひとつに入れてみてください。

  • 会場までの交通手段(送迎のシャトルバス・提携駐車場の有無)
  • 宿泊施設 (提携しているホテルの有無)
  • 天候によるプラン変更
  • 会場全体の内装、雰囲気
  • 新郎新婦控室、親族控室の有無
  • ゲストの更衣室の有無
  • 併設、提携のドレスショップの有無
  • 挙式会場、披露宴会場の内装、雰囲気(部屋別・時間帯別・収容人数)
  • 披露宴会場のテーブルコーディネート、装花
  • 司会者の雰囲気

挙式スタイル

式場のタイプが決められないという方は、事前に挙式スタイル選びから先にされてみてはいかがでしょうか?キリスト教式、神前式、人前式と挙式スタイルによって選べる会場も違うので挙式スタイルを事前に絞るのもいい方法です。

挙式スタイルを決める際には、衣装のことも含めてパートナーと事前に話し合い準備することをおすすめします。

人前式の結婚式とは?列席者に証人になってもらう自由度が高い結婚式のスタイル

2017.06.30

和婚とは?和の要素を取り入れるだけ!まずは神前式のできる式場のブライダルフェアに参加しよう

2017.06.30

キリスト教式とは?一番イメージしやすい家族愛が感じられる結婚式スタイル

2017.06.30

フォトウエディングとは?最短7日でできる!授かり婚、パパママ婚にもおすすめの結婚式

2017.06.30

日取り

事前にパートナーと結婚式のだいたいの日取りを決めておくと、ブライダルフェアに参加した会場のプランナーさんに日程の確認ができます。人気のあるシーズンや大安の日を希望するなら、早めに契約をしないと希望の会場での結婚式ができなくなってしまう可能性もあります。日取りを第一優先にしている方は事前準備必須項目ではないでしょうか?

ほとんどの会場が1日3回(午前・午後・夕方)の時間帯で挙式を予定しています。結婚式の2次会を検討している方なら時間帯も事前準備として必要な項目のひとつです。結婚式の会場選びが第一優先だとは思いますが、結婚式の予約時間帯によっては結婚式の2次会の会場も事前に調べる必要があります。

  • 希望日の空き状況
  • 人気のシーズンと大安日
  • 日別の料金の有無(人気のシーズン、大安、土日祝日の割増料、仏滅の割引料など)
  • 2次会会場選定

結婚式場は10ヶ月前には探し始めて!おすすめの検討開始時期を紹介

2017.07.14

人数と予算

ブライダルフェアの最後に見積書を渡してくれる会場がほとんどですが、人数と予算をある程度事前準備して計算しておくとプランナーさんに詳細を確認することができます。

2人の結婚資金、ゲストから頂くご祝儀(両親からの援助、会社からのお祝い金含む)を考慮して予算は考えましょう。それによって結婚式に呼ぶ人数や関係の幅(家族のみ・友人まで・会社同僚まで)を決めることができます。結婚式は大金を準備する必要のあるイベントです。事前準備が欠かせません。

パートナーとは、結婚資金として貯蓄してきた金額をお互いに知らせる必要があります。なかなかお金の話題を出すのは難しいかもしれませんがお互いに軍資金がなければ結婚式ができるのかさえも分からなくなってしまいますので、必ずこの機会にパートナーと話し合っておきたいことです。

結婚資金の把握、人数が絞れれば、最大収容人数が決まっている披露宴会場を選ぶ際にも便利です。

ブライダルフェアで確認すべき費用

  • 仮予約の可不可
  • 挙式費用の支払時期、支払方法(現金・カード)
  • キャンセル料
  • 持ち込みの可不可と金額

挙式料に関する費用

  • 新郎新婦衣装代
  • 新郎新婦美容着付代
  • 控室料

会場使用料に関する費用

  • 会場使用料
  • 料理の種類(アレルギー、お子さま対応)と金額
  • ドリンクの種類(飲み放題)と金額
  • ウエディングケーキのデザインと金額
  • デザートビュッフェと金額
  • ペーパーアイテム(招待状・席札・席次表・メニューカード)と金額
  • テーブル装花と金額
  • ビデオ&写真撮影の内容と金額

その他、追加でかかりそうな費用についてもパートナーと話し合って決めておくとブライダルフェア時のプランナーさんとの話し合いもスムーズに行えます。

ブライダルフェアで必要な持ち物とは?【一覧チェックシート付】

2017.07.14

ABOUTこの記事をかいた人

編集長 クラ

30代既婚のクラです。趣味は海で散歩をすることと恋愛や不倫ドラマが大好きです。ブライダルフェアは10ヶ所以上行き、思い出に残る結婚式になりましたが、反省点もありました。この経験を生かして、これから結婚式をする人にとって有意義な情報を提供できるようなサイトを作っています。