ブライダルフェアとは?結婚式を「体験」できる魅力たくさんのイベント

ブライダルフェアとは

ブライダルフェアとは、一言で言うと「結婚式場を決めるための体験・相談イベント」です。

結婚式をしよう!と考えたら式を挙げるための会場選びが始まりますが、その会場選びで役立つイベントです。

式や披露宴ができる各会場が開催

ブライダルフェアは、式や披露宴ができる各会場が開催しています。それぞれの会場がしているので、一度に沢山の式場を見れるイベントではないことを理解しておきましょう。

一年中参加可能

ブライダルフェアは時期が決まっていないので一年中参加できますし、ほぼ毎日行われているのでカップルでも予定を合わせて行きやすいイベントと言えます。

結婚式場は10ヶ月前には探し始めて!おすすめの検討開始時期を紹介

2017.07.14

試着やドレス試着など魅力的な体験イベント

結婚式場の内装、広さ、雰囲気を見たりできる式場見学も始めはウキウキ。でも何件も見学しているうちに、正直すべて同じに見えてしまったり、退屈に感じてしまう人もいるのではないでしょうか。

ブライダルフェアなら見聞きするだけでなく、「体験」ができる内容が盛り込まれていたイベントなので、最後まで退屈せずに結婚式や会場について知ることができます。

ブライダルフェア内容

  • 相談会
  • 模擬挙式・模擬披露宴
  • 試食会
  • ウエディングスイーツ試食会
  • ウェルカムドリンク体験
  • ドレス・タキシードの試着
  • ファッションショー
  • 会場コーディネート
  • 料理・引き出物の展示

会場や日によってブライダルフェアの内容は違うので、1日にすべての内容のブライダルフェアを行っているわけではありません。ブライダルフェアの内容をひとつずつ簡単に説明します。

相談会

ブライダルフェアに参加するとほぼ相談会がついてきます。カップル毎、個別に相談ができる時間帯が設けられているので、会場の疑問点やフェアの内容で気になった項目があればこの時にプランナーさんに質問できます。

人気のブライダルフェアに参加すると相談会の時間も限られてしまうので、ゆっくり相談したいことがあるときは平日の空いている時間帯に参加しましょう。

模擬挙式・模擬披露宴

プロのモデルが新郎・新婦として登場し、挙式や披露宴を行います。実際に結婚式に参列したような体験ができる内容になっています。

演出や流れなど式場見学ではわからないリアルなところが見られるので、ゲストからどう見えているか?を客観的に知れます。ブライダルフェアの中で人気のプランのため、休日にたくさんのカップルを呼んで開催する大型ブライダルフェアで行われます。

ブライダルフェアの模擬挙式・模擬披露宴とは?本番の雰囲気を掴めるメリットあり

2017.07.11

試食会

試食会では実際に結婚式で振舞われる料理を味わうことができます。いくつかの料理が少量ずつワンプレートにのっていたり、メインディッシュだけ一皿分ドンと出たり、会場によって料理の数や量は異なります。模擬披露宴と同時に試食会が行われたりと、大型ブライダルフェアが開催される休日に多く見られます。

平日の試食会であれば有料の試食会を開催している会場もありますので気になる方は、参加してみてください。

有料ブライダルフェアは試食会のみ、チェックポイントのおさらい

2017.07.19

ウエディングスイーツ試食会・ウェルカムドリンク体験

ウエディングスイーツ試食会では、実際の結婚式に出てくるスイーツが食べられます。ウェルカムドリンク体験では、会場オリジナルのお酒が飲める会場もあります。

ウエディングスイーツ試食会やウェルカムドリンク体験は、ブライダルフェアのプランとしては珍しく、コース料理の試食会にスイーツが含まれていたりとスイーツ試食会だけの単体でブライダルフェアが行われていることは少ないようです。

もし、スイーツ試食会やウェルカムドリンク体験のブライダルフェアが行われていたら、ぜひ参加してみてください。

ドレス・タキシードの試着

女性はウエディングドレス、男性はタキシードの試着ができるブライダルフェアです。時間的に女性だけ試着するという内容もあるので、事前に確認しておいてもいいかもしれません。

ファッションショー

ファッションショーでは、新作のドレスを着たモデルさんが会場内を練り歩きます。ファッションショーは、ドレスショップやドレスのメーカーが企画をしてホテルなどのブライダルフェアでお披露目という流れのようです。たくさんのカップルを呼んで休日に開催されることが多いようです。

会場コーディネート

会場コーディネートは、実際の結婚披露宴の会場に装飾されたコーディネートを見学します。小物や花などの色合い、コンセプトなど細かい部分まで見ることができます。平日・休日どちらも見学はできますが休日には、本番の結婚披露宴を行っている場合があるためすべてのお部屋を見学できるとは限りません。

料理・引き出物の展示

文字通り結婚式の披露宴時に提供される料理やゲストに渡される引き出物の展示です。同じ会場でも休日・平日ではブライダルフェアの内容は変わってきますので、曜日間違えには気をつけましょう。

所要時間は2~4時間

共働きや休みにもやることが山積みな忙しいカップルもいるでしょう。

  • 午後から遊びに行きたいし丸1日は潰せない!
  • いくつか回りたいから所要時間を知りたい。

という人は1回のブライダルフェアにどれくらいの時間がかかるのかも気になるはず。

1回の所要時間はおよそ2~4時間ほど。試食会や模擬披露宴、ドレスの試着など体験内容が多いと時間がかかるため、2時間では終わりません。

「会場見学と相談会だけ」など体験が少ない場合は、2時間もかからずに終わることも。きっちり決まっているわけではないので、質問したいことが沢山あって長引いたりしたときのことを考えると、他にも予定を入れるなら1~2時間余裕を持っておいた方がいいでしょう。

ほとんどのブライダルフェアは予約が必要

ブライダルフェアはネットサイトから申し込むことができます。式場も準備があるので行く日を二人で相談して予約をしておきましょう。

予約なしで参加できることもありますが、体験内容が充実している休日のブライダルフェアは予約なしはNG

興味が湧いてきたらさっそく気になる式場のブライダルフェアを予約してみましょう!

プログラムが豊富なのは休日のブライダルフェア

一通り知りたいなら休日がおすすめ

「会場を詳しく知りたい」「試食や試着・模擬挙式など盛りだくさんの内容の日に参加したい」という人は、ブライダルフェアの内容が多くてたくさんの体験できる休日のブライダルフェアがおすすめです。休日のブライダルフェアは上記の内容がほとんど盛り込まれたブライダルフェアが多いです。

会場の装飾から料理やドレス、演出まで1日で一通り知ることができます。参加者が多いことから会場側も気合十分で、サービスや特典も沢山あるので、がっつりブライダルフェアを楽しみたい人は、休日のブライダルフェアに参加しましょう。

予約が埋まりやすいので注意

注意したいのが人気のあるブライダルフェアは、予約がすぐに埋まってしまうということです。内容が充実している休日のブライダルフェアは、予約を早めにしておかないと希望の時間帯のブライダルフェアはなくなってしまうかもしれません。早めにパートナーと予定を合わせて予約してしまいましょう。

平日はゆっくり少人数で負担の少ない見学がメイン

時間短縮ができる平日のブライダルフェア

平日は休日のように体験が盛り込まれたブライダルフェアというよりも見学や相談がメインのブライダルフェアが多いようです。平日はブライダルフェアの内容は少ないですが、その分ひとつのブライダルフェアにかかる時間が短くなり濃密な時間を過ごせます。

「会場を絞り込むまでは会場の見学だけして相談は不要」「ドレスの試着や模擬挙式を見ているのは疲れてしまう」という方に向いています。平日は参加者が少ないので、前日でも予約が取れたり当日に電話して行ける会場もあります。

ブライダルフェアは、結婚式の流れを知るためにも会場選びをするためにも参考になることが多いと思いますので平日、休日どちらも都合が着くようであれば足を運んでみると2人の理想の結婚式に一歩でも近づけると思います。